永久脱毛の定義を知る

永久脱毛は、ムダ毛と呼ばれている体の毛を生えてこない状態と作り出すことを呼びます。

 

脱毛を行う事全てを永久脱毛と呼ぶのではなく、脱毛の施術を行った後、2ヶ月経過した後に、施術を受けた部分のムダ毛の再生率が20パーセント以下であった場合、永久脱毛と呼ぶことができます。

 

一般的には、クリニックで脱毛の施術を受けた時にのみ、永久脱毛と呼ぶことが出来るとされているのですが、脱毛サロンで行う脱毛の場合にも、クリニックでの施術と同じような効果を得る事ができるため、永久脱毛と呼んでいる脱毛サロンが多くなっています。

 

脱毛の施術を行う場合には、専用の機械から照射される光をムダ毛が気になる部分に照射し、毛根に熱を加えることで、徐々に毛根にダメージを与えることで、毛根を死滅させていきます。
照射範囲はコントロールすることが出来ますから、狭い部位から広い部位まで施術を受ける事が可能となります。

 

脱毛の効果を得る事ができるのは、体に生えている全てのムダ毛ではなく、成長しているムダ毛にのみ、効果を得る事ができる物ですから、すでに退化し始めているムダ毛は、生えている状態であっても、効果を得る事が出来ません。

 

体に生えているムダ毛には、サイクルがありますから、体の表面に生えていないムダ毛も非常にたくさんあります。
脱毛の施術は、体の表面に生えていない場合にも、効果を発揮することが出来ませんから、ムダ毛が成長し始めたころを目安に施術を受けると良いでしょう。


永久脱毛の施術を受けるには

永久脱毛の施術を受ける場合には、専用の機械を照射する必要があります。
永久脱毛の施術を受ける事ができるとされているのは、皮膚科や、美容整形外科、脱毛サロンや、エステサロンなどで施術を受ける事が可能となります。

 

どの店舗で、施術を受ける場合にも、施術の前には、必ずカウンセリングを行う事になり、光アレルギーの有無や、服用している薬の有無、妊娠中や授乳中ではないか、肌に大きなあざなどがないかどうか、施術の効果と回数、そして、契約までをカウンセリングで行う事になります。

 

カウンセリング当日には、施術を受ける事が出来ない場合が多く、カウンセリングを行い、施術がOKという判断を受け、契約をすることで、後日、施術の予約を取ることができるという流れになっています。中にはカウンセリング時に、試し打ちとして、手に1ショット打ってくれるような場合もあります。

 

永久脱毛の施術は、光の照射と共に、痛みが伴いますから、痛みを不安に感じて契約する事が出来ない人など、試し打ちや、キャンペーンなどを取り入れ、まずは試してから契約を進めると良いでしょう。

 

キャンペーンのみの場合でも、必ずカウンセリングを行い、施術が可能であるかどうかをチェックし、施術可能であるという判断が出来なければ、キャンペーンの施術であっても、施術を受けることはできません。腕の施術を希望していても、いれずみをしていたり、大きな傷がある場合なども、施術を受けることはできませんから、注意しましょう。


永久脱毛で多い失敗とは

永久脱毛で多い失敗としては、中々効果を感じることが出来ないと感じてしまう人が非常に多いという事です。

 

永久脱毛自体、回数をこなさないと、結果が出ない物ですから、施術を開始してすぐには、永久脱毛を行っているという事は、自分からも他人からも一切わからないのですが、回数を重ねても、なかなか効果が表れないという人も多いとされています。

 

回数を重ねても効果が出ない人の場合、店舗選びを失敗してしまっているという可能性や、肌が乾燥し過ぎてしまっており、光を毛根に到達させることが出来ていないという場合が多いとされています。

 

店舗選びに失敗してしまった場合、非常に弱い出力で施術を行い、店舗側は、回数を稼ぎ、その分多くの費用を徴収するという方法により営業をしています。
顧客側としては、回数を多くしなければいけなくなってしまうだけではなく、お金もかかりますし、いつまでたっても、綺麗な肌を手に入れる事が出来ず、結果的に、途中で諦めてしまうという人が多いのです。

 

肌が乾燥してしまっていると、光を毛根に届かせることができないとされていますから、しっかりと保湿を行い、出来るだけ白い肌を維持することが大切です。
肌トラブルが起きている場合、店舗側のスタッフは、弱めの出力で光を照射することが多く、その分、結果が出るまでに時間がかかってしまい、失敗であったと感じてしまう人もいますから、日頃から、肌のお手入れを意識しておくようにしましょう。


永久脱毛の副作用とは

永久脱毛の施術方法は、光を肌に照射して、毛根に熱を与え、毛根に与えたダメージにより、徐々にムダ毛を生えにくくするという方法により、脱毛を行っていきます。

 

その光に対し、発がん性があるのではないか、シミができてしまうのではないかと考える人が非常に多いのですが、レーザー脱毛や、フラッシュ脱毛に使われる光は、体に害を及ぼすような物ではありません

 

永久脱毛に使われる光には、光を照射することで、黒い物に反応し、黒い部分に熱を加えるだけの方法となります。
そのため、ダメージを与える事が出来るのは、毛根にのみとなりますから、体には害はないのです。

 

永久脱毛の施術を受けることで、肌に赤みやかゆみ、水ぶくれや、ひりつきなどを感じてしまう人がいるのですが、そのような症状が起きてしまうのは、光による副作用ではなく、毛根に加えた熱が、肌に浸透してしまう事で起きてしまう症状となりますから、光が関係して起きてしまう症状ではありません。

 

上記のような、光を照射された事によって、起きてしまうような症状は、毛根の熱を肌に拡散しないようにすることが大切となりますから、患部を冷やすことで、改善することが可能です
施術当日から2日程度、赤みやかゆみが出てしまう事も多いのですが、保冷剤や、氷嚢などを利用し冷やすと、赤みやヒリツキが治まってくるのがわかるかと思います。
光の出力が強いほど、このような症状が出やすくなってしまいますが、水ぶくれになってしまうほどでなければ、問題ありません。

 

夏になると永久脱毛を始める人が非常に多くなるとされています。
夏場は肌を見せる機会が増えるため、ムダ毛を処理しなければいけない回数が多くなってしまうため、ムダ毛の自己処理を面倒に感じる人や、ムダ毛の自己処理により起きてしまう肌トラブルを避けるために、永久脱毛を取り入れ始める人が非常に多くなる季節です。
ですが、脱毛は、開始してすぐにムダ毛が生えてこない綺麗な肌を作り出すことができる物ではありません。脱毛は、回数をこなし、回数が増えてくることで、徐々にムダ毛が生えてこない状態を作り出すことができる物ですから、永久脱毛となった肌を手に入れる事ができるのは、脱毛に通い始めてから2年から3年程度継続して通ってからとなります。
そのため、夏に始めても、その夏に綺麗な肌を手に入れる事ができません。
脱毛はできるだけ早く開始することで、少しで早く綺麗な肌を手に入れる事ができますから、脱毛したいと感じた時に、施術開始をするようにしましょう。
夏場に開始する人が多いのですが、夏場は肌が焼けてしまっている人が多く、脱毛にはあまり適さない季節であると言われています。肌が焼けてしまっており、赤みが出てしまっている場合や、皮がめくれてしまっているほどの日焼けをしていると、脱毛の施術を行う事ができませんから、脱毛を行う場合には、夏場は特に、紫外線対策をしっかりと行いましょう。水場に出向く場合、可愛い水着を着たいと思う事も多いのですが、日焼け止めだけで、プールや海に入ってしまうと、水により、日焼け止めが流されてしまい、日焼け止めの効果を得る事ができず、日焼けしてしまう人も多いとされています。脱毛の施術を行う場合には、ラッシュガードなどを着用に、できるだけ日焼けをしないように心掛けましょう。
人によっては、カウンセリングにより、脱毛の施術が不可となってしまう人もいますから、施術前のカウンセリングで、施術可能かどうかを確認し、偽りなく自分の体の状態を申告するようにしましょう。